井戸場会議ネタ

松居一代から暴力受けたフィリピン人家政婦が暴露!性格が元々過激で昔からおかしい?

はい☆

ようこそお越しくださいました(о´∀`о)♫

新しいyoutuberが爆誕したわけですが(松居一代さん)そんな彼女は先月末から

ブログを通して世間に過激な発信をしており、瞬く間にアメブロランキング1位に躍り出ました。

やっぱり、すごいパワーを持っているおばあちゃんなんですよね!

その方向性が、ちょっと問題なだけで・・・笑

100億円以上資産を築いたのも、このエネルギーのおかげではあるのでしょう。

しかし、暴走気味な感じは否めないですよね^^;

そんな彼女もエンタメコンテンツとしては、素晴らしい才能を破棄しています。

しかし、身近にいる人間はやはり疲弊しているよう。

今回は、そんな松居一代さんの家政婦事情について気になって調査してみることに・・・!

ああ、真実を知るのが恐ろしい。笑

スポンサードリンク



 

松居一代がフィリピン人家政婦に暴力?

松居一代さんが2007年に雇っていたフィリピン人の家政婦さんが

当時、交番に駆け込んで騒動となっています。

最近話題に上った豊田議員もそうですけど、この時も家政婦さんは松居一代さんに

殴られたと警察を呼んでいるのです。

この家政婦さんは、フィリピン人で、長年松居一代さん邸宅に務められていたようです。

この方は4年半勤務されていたようで、一番長く続いたのがこの方のようですね。

他の方は、2、3年で五人くらいは交代していたようです。

*豊田議員は1年で二十人以上ですから、レベルの高さがうかがえますね。笑

松居一代さんは、家政婦たちに対して

「それでも脳みそがあるの!」

と、かなり罵っていたようです。

時には布巾や小物を投げつけてしまったり・・・。( ゚д゚)滝汗

フィリピン人の家政婦さんには英語で怒ったり、平手でひっぱたいていたり・・><怖すぎ!

それでもある日突然クビになったそう。

「時給は1000円ちょっとだったんですけど、その日までのお給料をぴったり渡されて・・・。突然仕事がなくなると困るので理由を聞いたら、“私が頼むことをできない人はいらないでしょ”のひと言で終わりました」(元家政婦)
「家政婦をクビにするたび、“だからお手伝いは信用できないのよ”と私たちの前でもいってました。」
(引用「女性セブン」9/20号)

松居一代さんは、船越英一郎さんにも暴力沙汰?というか過激な束縛をしていましたよね。

携帯電話を一年で3回折ってしまったり、スリッパで足蹴にしたり・・・笑

もはや家庭内DVの域だと言われていて、船越英一郎さんが2011年に別居のため

離れマンションを購入したのも必然だったと言われています。

性格が元々過激で昔からおかしい?

松居一代さんは、ブログの文章が過激なことから、何かの精神疾患ではないか?

などとされてきましたが、彼女を知る一部の人たちは、

「昔とそんなに変わっていない」

と、仰天発言をしていました。

昔から、一度自分がこうだ、と思い込んだら、とにかく自分で最後までやっちゃうタイプのようです。

以前欠陥住宅に住んでいた際には、一人で大手ゼネコンを相手に戦ったり

息子のアトピーと地震の顔面麻痺を治すために中国にわたって治療できる人物を探したり。と

猪突猛進タイプなんですね。

また、こんな話も。

松居一代は船越英一郎の携帯を盗み見る癖があり、ほかの女性とのメール履歴があるだけで、携帯電話を沸騰した鍋に入れ破壊。
更にハンガーで船越英一郎を殴りつけたり、包丁を持ちだしたり、更には殴る蹴るの暴行をはたらいたという。
船越英一郎はこの暴行により顔面が血だらけに。船越英一郎の顔面麻痺はDVのストレスによるものだったという。

http://gogotsu.com/archives/30959

 

また、今回船越英一郎さんは離婚協議で財産を要求しないとのことです。

松居一代さんは思い込みが激しすぎるところがあるのでしょうね。


スポンサードリンク



関連記事

関連記事

  1. 今井絵理子の息子 木下礼夢(らいむ)くんは現在国分寺の自宅?住所…
  2. みずほ銀行最年少玉川学園前支店長は誰?経歴や大学は?
  3. 武藤千春の2017現在!ブランドBLIXZYの評判とは?今熱愛彼…
  4. 高橋正尚(TBSプロデューサー)の妻(嫁)子供(家族)は?経歴や…
  5. 神取忍の今現在は結婚して旦那はいる?議員時代の失言とは?天龍との…
  6. 武井咲とTAKAHIROのティファニー結婚(婚約)指輪の値段はい…
  7. 出耒田敬(できたたかし)結婚した彼女がいる?偏差値(高校・大学)…
  8. メヒディ・カゼンポール(泰葉の再婚相手のイラン人)経歴や年収・馴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事



おすすめ記事

PAGE TOP