田中絵里緒(豊田真由子の学生時代友人)は東大ママで生活保護?週刊新潮の内容がやばい!

はい、どうも!( ˘ω˘ )v

いやはや、最近お騒がせ議員が多くて、おかしいけど、

実際問題笑えんw

となるわけです。

ここ最近でもっともどでかい話題の投下燃料となった豊田真由子議員についての

関連記事になります。

と言いますのも、豊田真由子議員の同級生の田中絵里緒さんという方が

豊田真由子議員の生い立ちや家庭環境を週刊新潮に語っていましたからw

その内容もさることながら、

この田中絵里緒さん自身も強烈なキャラクターをお持ちでしたので

まとめてご紹介しようと思います(о´∀`о)

やはり、癖のある人の友人も、癖がある!!

 

スポンサードリンク



田中絵里緒(豊田真由子の学生時代同級生)は東大ママ生活保護?

豊田真由子さんと田中絵里緒さんは私立桜蔭中学校(1987)から東大(1997)までの

同級生だと言います。

二人が仲良くなったのは、中学3年生からだそうです。

田中絵里緒さんは、現在のキャラクターからも分かるようにw

優等生ばかりの学内でかなり目立った存在だったようですね。

学校に

  • えろ本を持ってくる
  • パーマをかけてくる
  • 校則違反の派手な髪飾り
  • 親も学校に呼び出される

 

などなど、笑

そんな田中絵里緒さんと豊田真由子議員は正反対だったようですね。

  • 学内で問題は起こさない
  • 親に恥をかかせない
  • 厳しい家庭
  • 中高と内申はパーフェクトな優等生

 

しかし二人は、

「ダサい女でモテない人生を送るのはイヤ」

という観点から友人になったようです。

優等生と落第生は仲良くなるんですよね〜^^;

中間層は中間層同士で仲良くなるけどw

その背景には、劣等感・不安・自信のなさがあったようです。

そんな豊田真由子さんの恋愛トークについて語っている中で、彼女の家庭環境に関するものがあったのです。

それがこちらです。

「お父さんが暴力をふるう、

精神的にも完全に威圧するタイプ。

お母さんが耐えていて、自分も辛いけれど、そういう男の人ばかり選んでしまう傾向はある」

だそうです!!

また、芸能界でいうと東幹久、吉田栄作さんなどがいいとも。

二人は東大を卒業して、豊田真由子さんは国家公務員としての道を生きるのですが

この田中絵里緒さんは

「ストレス解消しないと自分が壊れるから、

東大を出て就職もしない、徹底的に自分を甘やかしてストレスの少ない人生を送る」

と決めてニートになったようですw

笑いました。w

自分はどっちタイプかと言われれば間違いなく田中絵里緒さんw

生活保護の噂はどこから?

東京大学卒業後ニートに、ということですが、田中絵里緒さんは卒業と同時に

できちゃった結婚をされています。

今でいう授かり婚?

お相手は5歳年下の天才韓国人男性で、

株式会社クララオンライン執行役員を務めているエリート社員だそう。

しかし、その後、離婚、再婚、離婚と2度の離婚を経験しています。

なんと6人の子供を持つシングルマザーでした!!!

ご自身は東大という学歴を活かして塾を開講していたようですね。

しかし現在は紆余曲折あってか?家事のヘルパーサービスを時給800円で請け負っているそう。

保育士免許も持っているみたいですよ!

・・・・・ん?

時給800円で子供6人は育てられないですね。

人を雇って多角展開しているのでしょうか?(じゃないと収入面が低すぎる???)

以前の旦那様などから養育費などいただいているのでしょうか?

以前テレビ番組「深イイ話」に出演していた時のこと・・・

生活は節約術でカバーしていると言っていました。

生活保護というのは視聴者さんの推測が一人歩きしたようですね?w

 


スポンサードリンク



スポンサードリンク