井戸場会議ネタ

吉野恭平(京都サンガ)の差別発言の内容は?被害者は誰?年収も

みなさんようこそ(о´∀`о)♫

今回はスポーツについて言及させていただきますね♫

フットボールチャンネル サッカーJ2選手の吉野恭平選手が

差別的発言で出場停止処分ということで、その内容は!?

という記事です。

欧州などでは、このような問題があるのもわかりますが

日本で差別発言で処分というのは珍しいのかな、という印象ですね。

スポーツマンたるもの、スポーツマンシップに恥じない行動が求められるものであります。

スポンサードリンク



 

吉野恭平(京都サンガ)の差別発言の内容は?

まず、吉野恭平選手についてですが・・・

  • 1994年11月8日生まれ(22歳)
  • 宮城県仙台市出身
  • 182cm
  • 70kg
  • 京都サンガF.C.所属
  • ポジションは、DF/MF 
  • 背番号5番
  • 右足が利き足

 

小学生時代からユーストして活躍していて、中学3年生の時には所属チームのキャプテンを務めています。

サッカーのキャプテンといえば、長谷部選手のような真面目な人柄が思い浮かびますが、、。

また、2012年の高校3年生の時にもキャプテンを務めチームの優勝に貢献しています。

まさに、サッカーばかりをやってきた人生と言えるでしょう。

京都サンガに移籍したのは2016年の7月25日。

10月16日のFC岐阜戦では存在感を発揮して、活躍した選手に贈られる京セラ賞を受賞。

この移籍は期限付きでサンフレッチェ広島とのレンタル移籍でしたが、京都サンガの遺跡期間が延長となっています。

つまり、チーム内では確かなポジションを確立していたことになります。

今回問題になっていることをまとめてみましょう。

  • 日本サッカー協会(JAF)が吉野恭平に3試合の出場停止処分
  • 罰金15万円
  • 21日の天皇杯・沼津戦で、沼津の選手に差別発言
  • 試合中/試合後の複数回に、複数選手に向けて差別的発言
  • 沼津には外国人選手はいない
  • J2京都は沼津に0-1で敗戦

 

とのことで、発言内容は公表されていませんね。

吉野恭平選手は、アスリートとしていい選手だという意見もある一方で

ラフプレーや審判によく絡んでいる姿を見るという声もあります。


確かに、試合の前半が終了してもハーフタイムで審判によく抗議していました。

抗議自体は悪いことではないですけどね。

真剣な証拠ですから。

しかし、なかなかイライラしやすいのか、このような姿や表情はしょっちゅうです。

また、以前もスポーツマンシップとは反する行為もあったご様子。

 

内容はわかりませんが、今回の処分が通常よりも厳罰なことから、よっぽどの内容だったのでは

ないかと思います。

考えられるのは

  • 身体的特徴を侮辱
  • 相手の人格を侮辱
  • プレーに支障をきたすほど生理的に嫌悪感のある内容

 

このようなことだろうと推測できますね。

沼津の選手一覧はこちらです。→アスルクロラ沼津

 

吉野恭平選手の年収は?

サッカー選手はJ1とJ2でその給料が大きく変わってきます。

なのでサッカー選手としては、是が非でもJ1昇格を狙いたいところです。

J1選手の平均年棒が  約2100万円(平均年齢27歳)で、最高が1億6000万円(遠藤保仁)!!

(ちなみにJリーガーで遠藤が一番好きなので嬉しい。はい。聞いてないですね。)

これは頑張りがいがありますね!!

しかしJ2になると、金額も落ち着いてきます。

それでも一般のサラリーマンの平均より上であろうと推測できます。

また、A、B、C、その他と4パターンの契約が存在するそうで

おそらくこの吉野恭平選手はA契約で、新卒で東証一部上場企業へ入社するよりはいいみたいですよ。

平均は500万円くらいだそうです。

 

スポンサードリンク



関連記事

関連記事

  1. 豊田真由子の子ども(息子・娘)の学校はどこ?元秘書への慰謝料はあ…
  2. 銀座シックス(GINZA SIX)女性にオススメのランチ…
  3. 倉持麟太郎の結婚や嫁は?子供はいる?wiki風経歴プロフィール!…
  4. ワンピース実写ドラマ(ハリウッド)キャストは誰?放送日(動画配信…
  5. 安室奈美恵ドキュメンタリー動画(Hulu)内容ネタバレと無料視聴…
  6. 君の名はハリウッド実写化キャストやあらすじは?日本公開日はいつで…
  7. オオカミウオ(画像)食べるとどんな味?料理やレシピは?TOKIO…
  8. 河北麻友子(女性タレントK?)と半同棲疑惑の若手ジャニーズYは誰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事



おすすめ記事

PAGE TOP