未分類

青山和弘記者の松尾英里子(嫁)と離婚危機?子供は?ZERO左遷理由がやばい

ようこそおこしくださいました^^

 

本日は、日本テレビの記者青山和弘さんについてお届けしたいと思います^^

 

青山和弘記者にある突然セクハラ疑惑がとりだたされました!

 

青山和弘記者はニュースZEROの出演が決まっていたにもかかわらず直前で別部署に異動になったことから、左遷移動だ!といわれています。

 

その左遷移動の理由は‥( ^ω^)・・・セクハラ?

 

確か青山和弘記者はご結婚されていて嫁は松尾英里子アナウンサーです。

嫁との関係や母親など調査してみました★

 

それではご覧くださいまし。

 

青山和弘記者の経歴やプロフィール

  • 生年月日:1968年5月
  • 年齢:50歳
  • 出身地:千葉県
  • 学歴:東京大学文学部卒業・コロンビア大学大学院留学
  • 1992年4月日本テレビ放送網入社
  • 1992年から政治部に異動し、羽田・村山首相を担当
  • 1996年6月に政治部で自民党担当
  • 2001年9月報道局キャスター室兼政治部担当で「ズームイン!SUPER」に出演
  • 2004年1月から野党・自民党のキャップを歴任
  • 「NEWS ZERO」のデスクを担当
  • 2014年1月から報道局解説委員
  • 2015年12月 再び国会官邸キャップに
  • 2018年 news zeroのレギュラーが内定していたものの突然報道局から異動でなしに

 

青山和弘氏は高校は早稲田高校で、東京大学文学部に進学されていたこともありとても優秀です。

日本テレビに入社してからは殺人や誘拐などの事件を須斉氏、

その後首相官邸担当に。

 

今では安倍首相お抱えの記者とまで言われています。

 

青山和弘記者のZERO左遷移動 理由は?

2018年9月1日に青山和弘記者は日本テレビのグループ推進本部というところに異動してしまいました。

これは、泥酔した20代の女性に強制的に肉体関係をしいた、という報道が流れてしまったのが理由だと

言われています。

被害者の女性は複数人いる?

日本テレビは箝口令をしき、他言を許さない社内環境なのだそうですが

被害者となった女性は日本テレビ局内の人だといわれています。

 

これが事実なら、守るべきなのは社内の被害女性のような気もするのですが・・・( ^ω^)・・・

 

ただ、この20代女性局員はほとんど記憶がないことから当初は訴えることをためらっていたようです。

しかし、日本テレビ局内で自分と同じような女性がいると知り

日本テレビ内でのセクハラ・パワハラを対処する部署に訴えたのだということです。

 

 青山和弘記者の嫁・松尾英里子(嫁)は


真ん中の女性が松尾英里子さんですね。
お若く見えます!

  • 1982年10月22日生まれ
  • 年齢:35歳
  • 出身:群馬県前橋市
  • 早稲田大学商学部卒業
  • 2006年~2012年まで日本テレビアナウンサー
  • 2014年~フリーアナウンサーに

元日本テレビのアナウンサーで

現在は2児の母の松尾英里子さん。

 

夫である青山和弘氏とは日本テレビのワシントン支局記者を青山和弘氏がされていた時期、2011年にご結婚されています。

この時松尾英里子さんは28歳前後で、青山和弘氏は40代前半。

 

そこそこの年の差はありますね。

 

しばらくはアメリカに在住しており、2014年に日本に帰国してフリーアナウンサーに

2015年には第2子となる女の子が誕生したばかりです。

 

 青山和弘記者のZERO左遷移動に対するみんなの声

スポンサードリンク



関連記事

関連記事

  1. 前田託次は在日で朴託?国籍やヤクザ山口組との関係は?
  2. 日馬富士は優しい性格でいい人と評判も酒癖が悪い?なぜ怒?引退後は…
  3. 杉本知之(スギモトトモユキ)経歴や顔画像は?結婚して嫁子供(家族…
  4. Y&M藤掛第一病院の院長は藤掛陽生!評判や嫁子供は?口コミがひど…
  5. 谷口浩司の妻や息子は何者?羽田雄一郎と吉田統彦の関係は?
  6. 日大広報部長の名前は誰?服部史郎の経歴や顔画像を調査!子供はいる…
  7. 富岡八幡宮(江東区)の犯人の特徴や犯行動機は?現場の場所はどこ?…
  8. 山根明の妹(かわうちかおる)顔画像,職業は?父親はプロボクサーの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 加藤敬二の結婚した嫁や娘!父・母親・兄はマジシャン!
  2. 彼女の口臭がきつい!伝え方と原因・対処法とは
PAGE TOP