ゆる恋

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは

あなたは自分が愛されたいことばかりを求めていませんか。

好きな人ができると、その人に好かれたいと思うのは当たり前です。

しかし相手を手に入れたいからといって、何をしてもいいわけではありません。

また、せっかくお付き合いできたのに、「こうしてほしい」「もっと愛してほしい」と求めてばかりいませんか。

こういう相手に求める幼い恋愛は、そろそろ卒業しましょう。

愛されたい!よりも心から愛したいと思える大人の恋愛にシフトしませんか。

そこでよく言われるのが「相手を尊重する」ということです。

相手を尊重するって、具体的にはどういうことなのでしょうか。

自己中心的で求めてばかりの恋愛は長続きしません。

お互いを尊重できる大人の恋愛は、長い目で見ると結婚にも繋がります。

また、あなた自身も懐の広い、豊かな人間になれる第一歩ともいえます。

大人の恋愛がしたいなら、相手を尊重するという考え方を身に着けたいものです。

ここでは相手を尊重する考え方について、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク


 

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは
■相手の立場に立って考えること

恋愛の失敗でよくあるのが、彼氏からの連絡がなくてヤキモキしてしまうこと。

返事が来ないと何度もメールをしたり、電話をしたりを繰り返してしまいます。

また、デートの約束があったのに、彼氏側の都合でキャンセルになってしまうこともあるでしょう。

そんな時、あなたは怒りを露わにして、彼にぶつけていませんか。

あなたの立場からすれば、メールの返事が欲しいと思うのは分かります。

連絡がなければ彼が心配になるでしょう。

楽しみにしていたデートがドタキャンなんて、悪いのは彼の方と怒るのも仕方ありません。

楽しみにしていた分だけ、落胆も大きいですよね。

でも、彼氏の立場になって考えてみましょう。

例えば責任ある仕事を任せられている彼は、仕事で忙しいとします。

帰宅は毎日深夜、食事もろくにできないまま、疲れて眠ってしまう毎日。

もちろんあなたに連絡をしなければ…と考えるものの、疲労困憊でそれどころではありません。

それならデートで挽回しようと約束したものの、突然の休日出勤。

久しぶりに彼女であるあなたの顔を見て癒されようと思っていたのに、ガッカリしてしまいます。

相手の立場になって考えてみると…

・身を粉にして働いているなら睡眠を優先してほしい
・休日も出勤になんて身体の心配をしてあげる
・仕事が一段落したら連絡してくれればいい

こんな考えにならないでしょうか。

あなたが彼の立場だったら、やはり目の前の仕事を片付けることを優先させるはずです。

このように相手の現状を把握して、相手の立場に立って物事を考えるようにすることで
恋愛はもっと豊かになっていきます。

 

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは
■自分の考えに固執しないこと

あなたと彼氏は言ってしまえば「他人」です。

育った環境も、つるんできた友達も、これまでの仕事内容も全く違うはずです。

それぞれに経験してきたことは異なるので、お互いに譲れない意見や考えがあるのは当たり前ですね。

そして恋人同士の喧嘩の発端はとても些細な事です。

例えばあなたの中で「男性は女性を迎えにいくものだ」という考えがあるとします。

あなたのお父さんもお兄さんも紳士的な人で、そういう家族の中で育てば自然とそう考えるようになるでしょう。

ところが、彼氏はあなたとのデートは中間地点で待ち合わせを希望します。

あなたは女性として扱われていない、大事にされていないと感じます。

デート中の彼はあなたの好きなレストランを予約したり、あなたが好きそうな場所を選んできました。

でもあなたの中では彼が迎えに来ないという部分が引っかかっています。

それを彼にぶつけたところで、彼にとっては「なんで?」と思うでしょう。

彼は迎えに行くよりも、中間地点で待ち合わせして早くあなたを好きな場所に連れて行きたかったのです。

彼は決してあなたを女性扱いしていないわけでもなく、大事にしていないこともありません。

あなたが自分の考えに固執しているばかりに、彼の行動が理解できないのです。

この場合、彼ともっと話し合う必要はありますが、あなたの考えが理解できない彼は
あなたの怒りを「わがまま」と受け取ってしまう可能性があります。

・全ての人があなたと同じ考えを持っているわけではない
・相手の考えにもちゃんと理由がある

自分の考えに固執しないで「こういう考え方もあるのか」と視野を広げることも大切です。

相手の考えを理解しようとする姿勢は、相手を尊重する考え方の第一歩です。

 

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは
■自分がして欲しいことより、相手にしてあげたいことを優先

女性は恋愛において彼氏に「○○してほしい」という要求が多いです。

その内容は些細なことから、お金が絡むことまで様々ですね。

・抱きしめて欲しい
・好きって言って欲しい
・デートに誘って欲しい
・あのバックが欲しい
・他の女性と話をしないで欲しい

など、どれも受け身で、彼からのアクションを要求しています。

そして彼がその要求に応えてくれないと、不機嫌になるのです。

これでは子供の恋愛と同じです。

手に入らないと拗ねるのは、お菓子をもらえなかった子供の心理と似ています。

そして男性はいつも求められてばかりでは、そのうち疲れてしまいます。

一緒にいると疲れる相手になれば、その恋愛は終わりが見えていると言っても良いでしょう。

そこで考え方を変えてみてください。

あなたがして欲しいことよりも、彼にしてあげたいことを考えてみましょう。

・最近は疲れ気味だから、ゆっくりできるカフェに行こう
・仕事カバンが古くなってきたから、今度プレゼントしよう
・この風景は彼が好きそうだから誘ってみよう

こうしてあなたが彼にしてあげたいことを、実際にしてあげた結果
彼が笑顔になってくれたら、この上なく嬉しいですよね。

同じように彼もあなたに居心地の良さを感じます。

そして彼も同じようにあなたに何かしてあげたいと考えるのです。

自分がして欲しいことは、まずあなたからしてあげること、これも相手を尊重する考え方のひとつです。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは
■相手を尊重するのは自分を失くすことではない

相手を尊重することに対して、「それは自分を失くすということ」と勘違いしている人がいます。

相手を尊重するとは…

・相手の立場や状況を考えて行動する
・相手が喜ぶこと、嬉しいことを与えてあげる
・相手の言葉を聞いて、自分の意見を通すことはしない

などと考えていくうちに「自分を押し殺せってこと?」と感じてしまうのでしょう。

相手を尊重するのは、自分を失くすことではありません。

それでは彼の言いなりになってしまい、男性にとっては「思い通りになる女」となります。

相手を尊重するのは、相手の思い通りになれという意味ではないのです。

自己犠牲の上に円満な関係は成り立ちません。

例えばあなたが「この時計のデザイン、彼が好きそう」と思ってプレゼントしたとします。

でも彼は気に入らなかったようで、あまり身に着けてくれません。

これではあなたには不満が残るだけです。

あなたの考えはあくまで想像であって、確定ではありません。

そんな風に彼にしてあげたいと考えたのであれば、それを彼に確認することも必要です。

「私はこう思うけれど、あなたはどう?」こういったコミュニケーションを持つことで
お互いがどんな考えを持っているのかを理解しあえます。

どちらかがどちらかに合わせているだけでは、大人の恋愛とは言えません。

相手のことは考えつつも、あなたという軸は大切にしてください。

そして歩み寄れる部分をお互いに尊重し合って、良好な関係を築いていくのです。

決してあなた自身を失くす必要なないのです。

 

大人の恋愛がしたい〜相手を尊重する考え方とは
■まとめ

恋愛の中で相手に求める部分が大きくなってしまうのは
自分が愛されているという自信がないからかもしれません。

しかしいつまでも求めてばかりでは、相手も疲れてしまいますし長続きしません。

自分の要求が満たされないと気が済まないのは子供がすることです。

大人の恋愛がしたいのであれば、時に相手の気持ちを尊重できる人になりましょう。

相手を理解しようとすることで、相手もあなたを理解しようとしてくれます。

お互いを尊重できるのが大人の恋愛の第一歩なのです。

スポンサードリンク



関連記事

関連記事

  1. 付き合ってないのにマッサージをしてと頼む男性心理とは下心?好意?…
  2. 好きだけど別れる女性の心理,理由は何?価値観が合わないなら
  3. クリスマスプレゼントがめんどくさい!恋人に選ぶのが苦手な人にオス…
  4. 「俺の嫁がかわいい.com」心暖まるみんなの自慢の投稿10選!「…
  5. 彼女の口臭がきつい!伝え方と原因・対処法とは 彼女の口臭がきつい!伝え方と原因・対処法とは
  6. 奥手男子の落とし方&アピール方法!草食系を告白させるに…
  7. 手料理を食べたいと言われたら脈あり?下心?付き合っていない男友達…
  8. 秋冬小悪魔テクはあざとい?嫌われないモテを目指すなら?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

PAGE TOP